求められているブログ記事がどんなものか、良く理解すること

お気に入りへのご登録はお済ですか? ⇒ 

求められているブログ記事がどんなものか、良く理解すること

アフィリエイターたちの苦悩と、記事に望んでいることを知りましょう

まずは「ブログまたはホームページ用の記事」という、商品の価値について理解していただきたい。そもそも何故アフィリエイターの人たちは、他人が書いた記事を、こんなにも欲しがるのでしょうか。

 

一言でアフィリエイターと言っても、詳しく解説すると種類があり、それぞれの好みや方針によってスタイルが違います。しかし皆、様々な目的があって、手っ取り早く良いブログやホームページが欲しいと考えている気持ちは同じです。広告を貼るにしても、商品バナーを掲載するにしても、そもそもブログやホームページの中身、記事がなければいけませんからね。けれど……前にも説明しましたが、自分で作成するには限界があります。早く稼ぎたい!ブログを作らなくちゃ!でも文章を書くのが面倒!こんな地道な作業やってられるか!というジレンマは、アフィリエイターの誰もが経験していることです。

 

貧乏アフィリエイターは、1つでも多くブログを作り、稼げるようになる日を夢見て先行投資⇒ブログ記事を買います。金持ちアフィリエイターは作業の効率化を図って記事を外注⇒ブログ記事を買います(ライターを雇うかもしれません)。

 

結局どちらも、より多くの収入源を増やそうと考えて、ブログ記事を購入するわけです。つまり彼らは、お金を集めるため、または人(アクセス)を集めるために、稼げる、集客できる記事を求めているわけですね。

 

普通の人が普通に書いた、単なるまったり日常日記や、へなちょこ挑戦記録になど全く興味はありません。人気のあるキーワードを使用し、知識を豊富に盛り込んだ、ためになる記事こそが、彼らが望んでいる役割を果たす、愛される記事なのです。

 

ブログとして完成させた後、そのまま放置しておいても自然に報酬やアクセスを稼いでくれる記事にこそ商品価値があります。誰でも、そんな自動報酬収集マシーンがあったら欲しいですよね? それと同じ。彼らはそのマシーンを1つでも増やさんが為に、稼げる記事を常に求めています。

 

記事はアフィリエイトの要。だからこそ、良いものを求めて、出来れば1つでも多く手に入れたいと思っているのがアフィリエイターというもの。彼らにとって稼げるブログ記事は、まさに命綱だと言えるでしょう。

 

さて、ここであえて目安としてお知らせしておきますが、この「アフィリエイターの苦悩と〜」という記事は、およそ1000文字で構成されています。どうですか? まずしっかりとした読み応えがありますよね。読み物としてはまず長さの面で読者に満足してもらうことが大事。そして勿論、内容も重要です。ためになることが書かれているか、読者の欲しい情報が含まれているかが、大事なポイントになります。

では具体的に、人を集められる、稼げる記事とはどんなものか

需要のあるブログ記事とは稼げる記事だと言いました。稼げる記事とは、キーワードが含まれていて、知識が詰まったためになるものだと説明致しました。

 

ではその“キーワード”とは何かと言うと、普段、皆さんが情報を検索する際、YahooやGoogleなどの検索窓に入力する言葉のことを示します。人は皆、検索窓に調べたい事柄の単語を入力してサイトを探しますよね。Yahoo!やgoogleなどの検索エンジンは、その単語が含まれているサイト、またはそれに近いサイトを、適切な順番にて表示しているのです。その順番というものは、決してテキトーに並んでいるわけではなく、様々な観点からそのサイトを判断し、検索結果として機械(検索エンジン)が相応しいと考えたものを順番に表示しているのです。

 

そのため、そもそもサイトのタイトルや紹介文、記事内容などにその単語が盛り込まれていないサイトは、表示されることがありません。例えば、この小説の書き方サイトに、「小説 書き方」というキーワードが1つも書かれていなければ、いくらYahooやGoogleで「小説 書き方」と検索しても、このサイトが検索結果として表示されることはないのです。

 

あるいは、掲載される順番が極めて後ろの方だった場合は、検索結果ページを何ページめくっても到底辿り着けません。つまり、誰にも見られることがない。集客が出来ないブログやホームページでは、誰も来ないわけですから、当然商品の売り上げなどもなく、報酬などが発生することもありませんね。

 

それでは、ブログやホームページを作る意味すらありません。その為、記事には“キーワード”と呼ばれる単語を、必ず、適切な形で盛り込まなくてはいけないのです。“キーワード”はつまり、記事のカギ。この存在と役割を知っているか、知らないかが、初心者のライターとプロのライターとの分かれ道になるでしょう。

 

キーワードの達人 へ

おすすめの書籍とサイトはこちら