Webライターは、文章に携わるすべてのお仕事に関係しています

お気に入りへのご登録はお済ですか? ⇒ 

Webライターは、文章に携わるすべてのお仕事に関係しています

資格も年齢制限もないなら、学生でもWebライターになれるか?

免許もなく。資格もなく。試験も面接もなく。さらには年齢制限もないWebライターのお仕事を、大学生の方々がアルバイト代わりに行っている場合が多くなってきました。ネット環境が普及したせいでしょうね。

 

Webライターは知識さえあれば学生にも出来ます。

 

しかし、顔が見えないとは言え、お金を貰ってお仕事をする以上、責任を持って良いライティングをしなければいけません。個人の大人の方、あるいは企業の方々とメールにてやりとりする場面も多いので、最低限のビジネスマナーを守り、社会人として失礼のないよう接する必要があります。

 

その為、残念ですが中学生には難しいでしょう。目上の人に対する正しい態度・対応を、まだ理解していないと思うので。高校生であれば、文章力に少々自信があり、Webライティングに関する基礎知識をこのサイトで覚えてしまえば、あとは敬語の正しい使い方を学ぶだけで、お仕事を開始出来るかもしれませんね。

 

Webライターが書く“お仕事の文章”とは、どのようなものか

例えお仕事とは言え、小説家であれば、ある程度は自分の好きな文章が書けますね。確かにWebライターの仕事の中にも、小説を書く、シナリオを書く、というお仕事があります。しかしこれらの創作には制限が付くので、決して、好き勝手な設定で自由に書けるものではありません。

 

お仕事で書く小説、シナリオというものは、友達同士でテーマを出し合って書く、お遊びの「三題噺」などとは全く違います。例えば、サプリメントの企業から「何故、サプリメントで栄養を補わなければいけないか」というテーマで小説を書いてください、と依頼が来たとしましょう。

 

貴方が最初にすることは、その企業の主力商品のサプリメントを調べ、どんな成分がどんな症状に、どのように効くのかを勉強すること。それからプロットを練り、企業の方々とメールにて内容の詳細について確認し、その企業のサプリメントをどんな方々に飲んで欲しいかを考えて(ターゲットを決めて)、分かりやすくストーリーをつけ、小説としてまとめていくのです。

 

あるいは、ホームページに掲載するコラムや文章、ブログなどの記事を書いて欲しいと依頼があった場合にも、依頼主からテーマを決められます。クレジットカードに関する記事、保険や保険料に関する記事、ダイエット関連の記事などが人気なので、依頼される確率が高いかもしれませんね。そういう場合にも、自分で各クレジット会社のサービスや金利を調べて比較したり。保険料や保険の種類に関する情報を探して研究したり。現在人気のあるダイエット方法の効果について、口コミの情報をネット上から集めてくるところから、始めなければいけません。

 

貴方が書く小説や記事やコラムなどは、すべて、企業さまのイメージアップや、お客様からの信頼性を得るために利用されます。つまり、最終的には売り上げをアップさせる目的として使われるので、企業さま、あるいは個人の依頼主の方々が気に入るように・満足するようなものを必ず作成しなくてはいけないのです。相手の希望に合わせて記事を書くというのは、簡単そうに思えるかもしれませんが、実は非常に難しいのです。

どこかのサイトに書いてある記事をコピペすれば簡単じゃない?

いいえ、とんでもありません。
確かにネット上には多くの情報がありますし、素晴らしい記事が掲載されている場合も多いですね。しかしコピーは盗作です。著作権に触れます。文章中の「て、に、を、は」をちょっと変えただけ。あるいは語尾を変えただけ。言葉の順番を並び替えただけでも、盗作とみなされます。

 

貴方が書いた記事を、企業さまがホームページにて公開したら、「記事を盗作された!」と訴えられた…なんて事件になってしまっては、正直、謝罪だけでは済みません。著作権侵害の慰謝料と、企業側のイメージを著しく下げた慰謝料を合わせて支払わなくてはいけませんからね。

 

例え、コラーゲンはお肌に良い!という、ありふれた内容の記事だとしても、その文章はあくまでも、貴方の言葉と、貴方のオリジナルの文章で書かなければいけないと言う事です。お仕事として文章を書くと言う事は、嘘や誇大広告にならないよう、慎重に情報を調べて、正しい表現で書くこと。

 

当たり前のことですが、お金を貰う…ということは、大変苦労をするでしょう。しかし、小説家などと違って、書けば必ず報酬が貰えます小説家はデビューしていない限り、いくら書いても収入はゼロですからね。

アフィリエイトとは? へ

おすすめの書籍とサイトはこちら